FC2ブログ
見たまま写真散歩
週一回程度の書き込みです。 あせらず、ゆっくり。
記念の梅


我が家の庭に、今年も梅がほころび始めた。今年は剪定が良かったのか

赤い蕾が沢山ついている。こうやってアップで写真を撮ってみると、こ

んなにたくさんの雄しべがあったのだと気付かされた。息子が誕生した

年に記念植樹した梅だ。

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
Yの字


最初何かと思ったが、釣り人が竿を固定する二股では

ないかと思う。そばに川がなければ何かの儀式に使っ

た小道具ではないかとか、子供達の想像力豊かな遊び

の名残ではないかとか、思いを膨らませる。

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
冬  芽


丸裸になった落葉樹の木だが、よく見ると枝の先に冬芽が膨らみ始

めている。北風の冷たさのなかで着々と春が来る準備をしている。

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
暮れていく川の風景


川を渡り隣町に行った帰りが少し遅くなり、日が暮れ始めていた。日没時

の風景は想像以上に早く変化する。川の土手を歩いている間に、風景はブ

ルーの闇のそこに沈み街の灯りが遠くに輝き始めた。寒さが私の顔を襲っ

て来たが、なぜか爽やかな時間の流れを感じた。

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
小伝馬町散歩


一見普通のありふれた公園のように見えるが、この公園は小伝馬町の十思
公園で江戸時代に牢屋敷があった所だ。横に吉田松陰終焉の地という石碑
がたっていた。調べてみるとこの牢屋敷で処刑されたというのと、南千住
の小塚原刑場で処刑され小塚原回向院に墓があったが後に世田谷区若林の
松陰神社に改葬されたというのと、二つの説が見つかった。見届けた処刑
人の記録によると、松蔭の平静な姿に感銘を受けたとあるらしい。何れに
してもこの地で沢山の人が囚われ処刑された事を思うとありふれた公園が
特別な場所に思えてくる。

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0