見たまま写真散歩
週一回程度の書き込みです。 あせらず、ゆっくり。
久しぶりに娘と会話


ブログをやっている割にはパソコンやスマートフォンがあまり得意ではない。

今日すったもんだやったあげくやっとカナダにいる娘とメッセンジャーの電話

で話した。久しぶりに娘の元気な声を聞いた。無料電話だというのでずいぶん

長い間話したが、便利になってありがたいと思うがこれが当り前だと思っては

いけないような気がする。有難いと思う気持ちを忘れないようにしたい。


写真は大きく口を開いて欠伸しているようなローズマリーの可憐な花。

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
サイクリング日和


今日は天気がよいので、二駅程先にあるスーパーまで自転車で買い物に行った。

この時期になると風を切って進む自転車がとても気持ちよくなる。昨日は歩くの

も大変なくらい風が強かったが、今日も少しは風があった。追い風の時は良いが

向かい風になるとペダルが重くなる。往復一万歩くらいペダルをこいだ計算にな

るので、ちょうど良い運動になった。

でも、ものを考えるには歩いた方がよく考えることが出来る。机の前に座ってい

るより身体を動かしている時の方が良い考えが浮かんでくるように思う。

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
犬捕り


日本オオカミとエゾオオカミは明治時代に絶滅したらしい。こんな

記事を新聞で読んでいたら、戦後空襲で主人を失った犬がたくさん

野犬化して危険なので、トラックの上に檻を乗せて駆除するために

犬捕りがやって来た。私の家でも犬を飼っていたので、外に出ない

ようにしっかり抱いていた。ワイヤーを輪にして犬の首に引っ掛け

捕まえるのだ。市民を守ってくれる市役所の職員だったと思うが、

とても怖いおじさんという記憶が残っている。キャンキャン啼く声

で、町中がただならぬ緊張感でざわついていた。

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
朽ちていく花びら


お彼岸の日は雨だった。冷たい雨と風で、その前の暖かさで

緩んでいた身体が震え上がってしまった。満開だった白木蓮

の花びらが、濡れたアスファルトの上に動物の足跡のように

連なって落ちていた。やがて茶色くなり形も崩れてなくなっ

てしまうのだが、自然が描いた文様だと思えばそれなりに面

白い。朽ちて無くなってしまうまでを頭の中で想像しながら、

しばらく震えながら見入ってしまった。

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
美味しいコーヒーと音楽


コーヒーの豆をもらったのだがコヒーミルがなかったので、しばらくの間飲めな
くて眺めるだけだったが、東京に出かけたときにコーヒーミルを買って来た。
手動のものなので時間はかかるが、抹茶のお手前のつもりで豆を挽く所からコー
ヒータイムだと思えばそれも楽しみになる。それぞれの豆に個性があり、しっか
りとした味わいと香りなのにさっぱりとして雑味がない。コーヒー好きの人には
何を今更と思われるかも知れないが、私にしては新しい試みである。自分で淹れ
たからこそ集中して味わうことが出来たのだろう。これで音楽を聴く時の楽しみ
も倍になる。

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0